更年期になると女性は、

大なり小なり、

なんらかの不調に悩まされるようになります。

これがいわゆる

「更年期症状」ですが、

それ自体は決して異常なことではありません。

 

「更年期障害」と呼ばれるほどになるかどうか、

程度の差はありますが、

女性ならば誰にでも起こる、

こく自然なからだの変化です。
この時期をいかに過こすかが、

それからの人生のあり方を

大きく左右します。

Print

更年期障害とは

 

更年期は、

頭の先からつま先まで

からだ中のあらゆるところから

不調が出てくる時期といっても

いいかもしれません。

 

しかも症状がいくつも重なったり、

日によって違う症状が出てきたりします。

 

とらえどころのない不調に悩みながらも、

40代、50代といえば、

社会的には働き盛りの年代。

 

家庭でも職場でも

ストレスが増える時期と重なります。

 

更年期世代を取り巻くそんな状況が、

悩みをますます深くしているのかもしれません。

 

でもなぜこんなに

さまざまな症状が現れるのでしょうか。

 

不安解消の第一歩は、

更年間の正しい知識と情報を得ることです。

 

知識があれば

自分のからだを客観的にみることができるし、

症状がつらいときは治療を受けて、

更年間をラクにじょうずに

乗り越えることができるでしょう。

 

 

育子指先

更年期だからと諦めがちですが、きちんと対処して改善すると日々の生活が変わりますよ

更年期症状チェック

大きく

  • 自律神経失調症状
  • 精神症状
  • 運動器官症状
  • 消化器症状
  • その他

に分けられます。

自分の症状から治療方法・対策方法・予防方法を参考にしてください。

よくある症状

  • ほてり
  • のぼせ
  • 動悸
  • めまい
  • 体がだるい
  • むくみ
  • 冷え

痛み

  • 頭痛
  • 胃痛
  • 腰痛
  • 関節痛
  • 神経痛

精神的な症状

  • イライラ
  • 不安感
  • うつ
  • 神経痛
  • 睡眠障害
  • 倦怠感
  • こわばり
  • 物忘れ・記憶力低下

生殖器系

  • 閉経
  • 生理不順
  • 不正出血

消化器系

  • 胃痛
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 扁桃腺

髪の毛・頭皮

  • 抜け毛
  • 薄毛

  • 肌荒れ
  • 吹き出物
  • じんましん

 

031148000_09

原因

加齢による卵巣機能の低下。卵巣から分泌される女性ホルモン『エストロゲン』の量が減ることが大きく関わっています。

エストロゲンが減ると、髪の毛の薄毛の問題、うつの問題、様々な体の問題を引き起こす要因になります。

141008

対策方法は

治療

のぼせ・ほてり・発刊などの自律神経失調症には、治療方法はホルモン補充両方や自律神経調整役などの薬物療法が中心です。

早ければ1カ月ほどで改善を感じることが出来るそうです。

精神症状には、向精神薬などの薬物療法と精神療法。

 

改善

女性ホルモンのバランスを整える事が非常に大切です。

特にスーパーイソフラボンと言われる『エクオール』という物質が重要になります。

 

育子掌


更年期障害に良いと言われている大豆イソフラボンとポリフェノールが含まれているサプリメントです。
今一番人気でオススメです。

エクオールとは?

大豆イソフラボンが人間の腸内で代謝されて出来る成分。

エクオールを作るのは、腸内細菌です。

『エクオール産生菌』がいる人は作れます。

日本人の二人に一人が作れると言われています。

育子差し棒

50%の人は作れないので、エクオール配合のサプリメントなどで補給をして、症状の緩和を目指しましょう。

 

若年性更年期障害

育子差し棒

更年期障害って40歳以上でしょ??って思っていませんか?

最近では『プレ更年期障害』『若年性更年期障害』という、若くして更年期障害になる人が増えています。

30代前半の方でも女性ホルモンの分泌が乱れ、

『動悸』『めまい』『発刊』『うつ症状』など。

 

更年期障害にそっくりな症状に悩まされる人が、急増しています。

 

原因は、短期間で急激に体重を落としたり、睡眠障害、不規則な食生活などです。

 

要チェック

  • すぐ疲れる
  • 些細なことでイライラする
  • 寝つきが悪い・眠りが浅い
  • 落ち込む
  • 突然、涙があふれる
  • 動悸・息切れ
  • 便秘がひどくなる
  • お肌のハリが悪い
  • 関節痛
  • 偏頭痛やめまい
  • 冷え性がひどくなった

 

 

育子掌

何かおかしいなって感じたら、診察を受けることをおすすめします。