更年期障害のサプリって?

更年期障害の代表的な症状は

  • ホットフラッシュ
  • ほてり
  • イライラ
  • 倦怠感
  • 自律神経の乱れ

などがあります。

 

まず、どうしてこういう症状が40代半ば~女性は起こるのか?

それは、女性ホルモン(エストロゲン)の減少。

特にエストロゲンの減少が要因となっています。

 

女性ホルモン(エストロゲン)の減少は人によって起こる問題ではなく、女性全ての人におこることです。

ただし、更年期障害の症状は人によって様々です。

 

まったく辛くなく、イライラもなくきたという人もいます。

最初からめまい・イライラ・倦怠感などがスゴク重たく、厳しい症状の人もいます。

 

どうして女性ホルモン(エストロゲン)の減少が女性の体に大きな不調を引き起こす要因となるのか?

それは、脳からの指令と体がチグハグになるからです。

 

脳からは『女性ホルモン(エストロゲン)をもっと出して』と指令が出ます。

でも、体は今までのように女性ホルモン(エストロゲン)を出すことができなくなっています。

 

そこで、体のバランスがおかしくなり自律神経が乱れます。

自律神経が乱れるので、イライラやホットフラッシュなどの不調を引き起こします。

 

対策は?

女性ホルモン(エストロゲン)の減少が大きな要因となっているので、ポイントは

『女性ホルモン(エストロゲン)の減少をどうするか』です。

 

一つは女性ホルモン(エストロゲン)の減少を補うこと。

一つは女性ホルモン(エストロゲン)の減少を穏やかなカーブに変えること。

 

下のグラフを見てください。

エストロゲンのグラフ

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌は40代半ば前から急激に減少します。

この急激な変化に体がついてきません。

 

そこで、急激な変化を出来るだけゆるやかにすることで、体が変化に対応するようにします。

また、女性ホルモン(エストロゲン)が少なくなったことで起きる症状なので、補ってやることでケアします。

 

更年期に有効な成分

更年期障害に有効な成分とは、女性ホルモン(エストロゲン)をどうするかがポイントです。

下記が代表的な成分になります。

  • サポニン
  • 亜鉛
  • 大豆イソフラボン
  • エクオール
  • マカ(maca)
  • ポリフェノール
  • ビタミンB1
  • ビタミンD

などがあげられます。

サポニン

サポニンは女性ホルモン(エストロゲン)の減少を穏やかにします。

40代半ば頃から急激に減少することで体が変化に追いつかず起きる不調の数々。

ゆっくりと減少させることで体をならしてくれます。

 

亜鉛

亜鉛は自律神経のバランスを整えてくれる作用があります。

亜鉛には、脳の伝達物質をつくる働きがあります。

不足すると、脳への伝達がうまくいかないことによって自律神経が乱れます。

それにより、イライラしたり倦怠感がおきたりします。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンの化学式と女性ホルモン【エストロゲン】の化学式が非常に似ていることが近年わかりました。

そこで、女性ホルモン(エストロゲン)の減少を補う成分として最近では有名になりました。

 

女性ホルモン(エストロゲン)は減少するのは仕方ないことです。

それによって起きる不調は人それぞれですが、減ることが分かっている成分なので補っていくことは非常に大事なケアになります。

 

ホットフラッシュや骨粗しょう症、コレステロール値の上昇を緩和する効果もあると言われています。

エクオール

大豆イソフラボンのサプリメントを飲んでいたけど効果が感じられなかった人。

それはエクオールを作れない人かもしれません。

 

実は大豆イソフラボンをサプリメントで摂ってもエクオールに体内で変換して吸収する人と、そのまま吸収する人がいます。

エクオールに変換できる人は、日本人女性の約50%。

半分の人だと言われています。

 

エクオールに変換できる人は大豆イソフラボンの効果を感じられるはずです。

今まで効果を感じられなかった人は、残念ながらエクオールに変換できなかった可能性が高いです。

 

エクオールに変換する人は、腸内にエクオール産生菌という腸内細菌がいる人です。

この腸内細菌を保有しているかどうかがポイントです。

 

エクオールが作れるかどうかが簡単にチェックできます。

気になる人は、こちらを参考に。

マカ(maca)

マカは更年期障害のなかで、不安やうつの症状に効果があると言われています。

2008年オーストラリアでの研究結果では、 14人の閉経後の女性が6週間、粉末マカ3.5グラムを摂取したところ、 マカは、不安や抑うつを大きく軽減した、と発表されています。

 

ただし、マカ(maca)は女性ホルモン(エストロゲン)の減少には関係ありません。

 

ポリフェノール

【プロアントシアニジン】というポリフェノール。

これが、更年期症状の改善に効果があると言われています。

 

うつ症状の緩和、不安や不眠症状の改善など。

 

大豆イソフラボンもポリフェノールの一つです。

ビタミンB1

ビタミンB1も自律神経を整える大事な成分です。

脳の栄養源となるブドウ糖を作り出すのがビタミンB1です。

 

ビタミンB1が不足するとイライラや不安などにつながります。

ビタミンD

ビタミンDはカルシウムとともに摂取したい重要な成分です。

ビタミンDには、筋肉の強化やバランス力のアップを高めると言われています。

 

また、脳の中で神経細胞の保護や調整を行うのもビタミンDの大きな役割です。

 

 

a0002_001139

更年期に良いサプリメント紹介

当サイトイチ押し

 

更年期障害のつらい症状

  • ホットフラッシュ
  • のぼせ
  • ほてり
  • イライラ
  • 倦怠感
  • うつ症状

などは、女性ホルモン(エストロゲン)の急激な減少が要因で起こる症状です。

高麗美人に含まれている質の良い【サポニン】はエストロゲンの減少を緩やかにしてくれます。

 

それだけでなく、高麗人参には女性に必要な成分がビックリするほど含まれています。

  • 鉄分:プルーンの約84.5個分
  • 亜鉛:青ピーマンの約35.5個分
  • ビタミンB群:にんじんの約2.7本分
  • カリウム:リンゴの約7.6個分
  • カルシウム:ほうれん草(生)の約2.9束分
  • マグネシウム:セロリの約18.6本分

昔の韓国では高麗人参は皇帝に献上されるほどの価値の高いものでした。

今でも高額な料金で取引がされています。

 

その韓国でもプンギ産の高麗人参といえば最高級のものです。

日本でいう『魚沼産コシヒカリ』のようなブランド名がプンギ産の高麗人参です。

 

プンギ産の6年根に含まれているサポニンは栄養価の高いと言われる田七人参(中国人参)よりも多い量が含まれています。

 

質の良いサポニンが女性ホルモンの減少を緩やかにしてくれます。

緩やかにすることで、ホットフラッシュやイライラなども緩和につながります。

 

高麗美人は1日約98円。

開封後でも一粒でも残っていれば30日の返金保証までついています。

定期購入後もやめたくなったらいつでもやめられるのが人気の理由です。

 

わたしは薬を飲むのが苦手で錠剤もなぜか毎回のどに詰まって気持ち悪くなります。

高麗美人は無味無臭なので飲みやすかったです。

 

 

大豆イソフラボン系

名称 内容

公式

サイトへ

キッコーマン

からだ想い基本のサプリ

イソフラボン・ビタミンD・葉酸がバランス良く含まれています。

数種類のサプリメントを飲む必要がなくなります。

女性に優しいサプリメントです。

こちらから

ロングライフ

イソラコンプラス

イソフラボンと葉酸が配合されています。

ビタミンDは配合されていませんが、ビタミンB12は配合されています。

ビタミンB12は葉酸の働きを助けます。

こちらから

豊年

大豆イソフラボンROYAL

名前の通り大豆イソフラボンをメインにしているサプリメントです。

ビタミンDと葉酸は入っていませんが、ローヤルゼリー配合です。

こちらから

サプリメント1

プラセンタ・マカ(maca)・ローヤルゼリー

プラセンタは更年期障害の治療薬としても使用されています。

マカ(maca)は、一昔前は男性の強壮剤としてのイメージしかありませんでした。

最近では女性の生殖器系に良いと、女性用サプリメントでも人気です。

妊活サプリメントなどでも、マカ(maca)は多く用いられています。

ラットの研究で、卵巣刺激ホルモンと黄体ホルモンが上昇するというデータもあるそうです。

名称 内容

公式

サイトへ

マカ・プラセンタ

美容系サプリメントとしてのPRが強いですが、

マカとプラセンタのコンビネーションは更年期障害にも効果あり

究極のサプリメント

こちらから

CoCoRoプラセンタ

希少な馬プラセンタを凝縮したサプリメント

自律神経とホルモンバランスを整える効果

口コミだけで95,000箱の大人気サプリメント

こちらから

ローヤルゼリープレミアムリッチ

高品質なローヤルゼリーにイソフラボンとカルシウムを高配合

女性の美と健康をサポート

こちらから

 

育子掌

症状と自分に合うサプリメントを探してください。