header2

更年期障害の治療方法

育子掌

更年期障害の治療方法は大きく3つに分かれます。

ホルモン補填療法【HRT】

  • 『のぼせ』『ほてり』などのホットフラッシュと言われる症状の改善
  • 発刊などの血管運動系の症状改善
  • 閉経に関わる症状の改善
  • 生殖器の粘膜の萎縮による、セックスの時の痛み改善
  • 薄毛の改善

女性ホルモンの乱れは様々な症状の要因になっています。

エストロゲンやプロゲステロン(黄体ホルモン)を補充します。

保険適用なので、負担が少なく根本的な治療としてよく使われる方法です。

 

ホルモン補填療法の副作用

下記のような副作用もあるようです。

  • 不正出血がある
  • 乳房がはる
  • オリモノが多く出る
  • 吐き気をもよおす
  • 食欲が出て太る

このような症状が出て辛い場合は、お医者様に相談しましょう。

 

漢方薬

ホルモン補填療法と一緒に使われる場合と、ホルモン補填療法が合わない人へ使う場合があります。

昔からの療法で、漢方薬が合う人は複数症状が改善される傾向にあります。

合わない人は全く改善がされないこともあるようです。

薬は嫌だから、出来る限り自分の治癒力を活かしたい人などは、漢方薬を望むと良いでしょう。

illust_240_3_1_b-e6056003139b6c0ef8a2c3f34aa60cf5

抗うつ薬・抗不安薬

精神症状がきつく、辛い人へ処方される治療です。

主な症状が精神症状で、うつや不安などで日々が辛い人は、専門のカウンセラーによるカウンセリングと抗うつ薬や抗不安薬を処方して貰うと効果的です。

 

漢方薬や薬に頼りたくない人は、サプリメントなどで必要な栄養を補充して改善をすると良いでしょう。

3

 

育子差し棒

自分の症状と自分に合う治療や予防方法を早く見つけることが大事です