避けたほうが良い人

子宮体がん、乳がんの心配のある人、
かかったことのある人

 

育子差し棒

更年期の症状にすぐれた効果をもつHRTですが、

HRTを受けられない人、

受けるにあたって要注意の人もあります。

 

 

子宮体がんや乳がんに関しては、

エストロゲンがこれらのがん細胞に強く作用して、

がん細胞を増殖する働きがあるそうです。

更年期 HRT療法

 

そのため、

子宮体がんや乳がんの治療中の人

これらのがんにかかったことのある人は

原則的にHRTを行うことができません。

 

子宮頸がんや卵巣がんの場合は、

治療後5年以上経過し、

がんが治癒したものであれば

 

HRT治療の適応の対象となることもありますが、

専門家のあいだでも

意見が分かれているそうです。

 

あくまでもケースバイケースなので

主治医に相談してみましょう。

お医者さん 相談

 

要注意

 

育子差し棒

血栓症や糖尿病、
高血圧症の人は注意が必要です。

 

そのほか、

血液のかたまりや脂肪細胞のかたまりが

血管につまって血液を止めてしまう、

血栓症や塞栓症にかかったことのある人は、

 

エストロゲンによってこれらの病気を

悪化させるおそれがあるため、

原則的にHRTを行うことはできません。

お医者さん 注意

 

またホルモン剤の服用は

肝臓や腎臓に負担をかけやすいので、

 

これらの病気がある人は

お医者さんと十分に相談して決めること。

 

 

育子掌

両親が肝臓の病気や腎臓の病気を

経験したことがある場合も

主治医に報告・相談したほうが良いでしょう。

 

 

糖尿病、高血圧症、乳腺症のある人も

お医者さんの十分な管理のもと

治療をすすめていく必災があります。

 

HRTが受けられない場合は、

漢方治療やそれぞれの症状に対して行う

対症療法などがあります。

 

お医者さんに相談し、

自分にあった方法を

みつけていきましょう。

お医者さん 相談

 

治療中は定期検診が大事

定期検診で、病気の早期発見も可能です!

 

HRTは、

避けたほうがよいケースもあります。

 

治療をはじめるときには、

乳がんや子宮がん検診、

骨量測定、肝機能や腎機能の検査などを

行って病気がないかどうか

全身をくまなく調べていきます。

定期検診

 

また治療中も、

子宮がんや乳がんの検診、

肝機能などの定期的な検診を行っていきます。

 

これらの検査は、

副作用のチェックとともに

更年期以降の一般的な健康管理としても

必要な検査です。

 

いろいろな病気を

早期にみつけられる利点もあります。

 

積極的に受けるようにしてください。

検診 女性 更年期

また治療中は間診を行って、

薬の効果をみたり、

副作用の有無などをチェックしながら、

その人にあった薬の使い方を調整していきます。

 

ただ、治療開始後半年以上たって

治療が安定してきたとお医者さんが判断すると、

定期検診を行わない日は、

薬だけを処方することがあるかもしれません。

 

育子指先

その場合も、

からだの調子で気になることがあれば、

めんどうがらずに診察を受けましょう。

 

更年期障害 症状TOPへ