更年期の女性はさまざまな体の変調を体験します。

月経異常以外の具体的な体の症状は、

「のぼせ、ほてり」

「発汗」

「肩こり」

「動悸」

「息切れ」

「皮膚のかさつきやかゆみ」

「冷え」

「めまい」

「腰痛」

「関節痛」

「頭痛」

「しびれ」

「耳鳴り」

「むくみ」

「トイレが近い」

「尿失禁」

「腟のドライ感」

「性交痛」などです。

更年期障害 症状

これ以外にも胃に不快な症状があって消えない、

便秘になった、

ときどき体の表面を

虫がはっているような感覚に

襲われるなどという人もいて

本当に症状はさまざまです。

 

ホルモンの変調は体だけではなく、

心にもいろいろな影響を及ぼします。

更年期に感じた精神的な症状で多かったものは、

「イライラ」

「鬱状態」

「不安感」

「熟睡できない」

「無力感」

「自信喪失」

「対人関係が煩わしい」などです。

 

これらの身体的、

精神的な症状が人によっては一つだけでなく複数で、

ときには束になって

現れることもあるので大変なのです。

 

やる気が起きない、

物忘れをするなどは

「年だからしかたがない」

「気の持ち方のせい」と放っておかれがちですが、

更年期の症状によるものなら

それなりの治療をすれば軽減させることができます。

 

3人の老女

身体的な症状が明確に自覚されていなくても、

「歩いていていきなり憂鬱になった」

「突然、ぞくっと総毛立つような感じがした」

「こめかみがじーんとする」というような、

独特の「いやな感じ」にとらわれたと

訴える女性もいます。

 

それは病気とも違う、

「今まで感じたことのない、トラブルの始まりのサインのようだった」と

ある女性は話していました。

 

このような女性の

血液中のホルモン量を測ってみると、

エストロゲンの分泌が減り、

卵巣にエストロゲンの分泌を促す

卵胞刺激ホルモンが増えていて、

更年期が始まっているということが

はっきりと示されます。

 

それを説明すると

「ああそうだったのか」と

納得してもらえることが多いですね。

 

でも、この「いやな感じ」が

更年期の始まりだとすぐにはわからず、

内科や皮膚科などを訪ねることもあるでしょう。

 

診察した医師が

更年期のことをよく理解している人なら幸運ですが、

そうでないと、

症状を抑える薬を

処方するだけですんでしまったり、

 

あるいは

「更年期ですね。だれにでも起こることですからしばらく様子をみてください」

という一言で片づけられてしまったりすることも、

まだまだあります。

 

そんな対応を受けてかえって気持ちが沈んでしまった、

という話を聞くと本当に残念です。

 

しかし最近では、

女性が自分の体について

積極的に知るための手立てがいろいろ増えています。

楽しむ更年期世代の女性

 

同年代の友だちに相談して

アドバイスされたというほかに、

本を読んだりインターネットで検索をしたりして

婦人科で受診するべきだと

悟ったという女性も増えて

一人一人が行動を起こせば

必要な情報がさらに入手しやすくなっていくはずでいます。

 

女性ホルモンの減少が、

なぜこんなにも多くの症状と結びつくのでしょうか。

 

そのキーワードは自律神経です。

卵巣の働きが低下して

エストロゲンの分泌量が急激に減少すると、

エストロゲンを以前のように分泌させようと

視床下部は下垂体に指令を出します。

 

下垂体はまじめな中問管理職のようなものですから

さかんにエストロゲンの分泌を促す

卵胞刺激ホルモンを出しますが、

卵巣から思うようにホルモンが分泌されません。

 

さらにハッパをかけるために

下垂体はますますホルモンを

血液中に送り出します。

 

この量は多いときでは

若い人の10倍にもなり、

人間ならさしずめ働き過ぎで

過労死というところですね。

 

このエストロゲンの分泌低下と

下垂体から出される卵胞刺激ホルモンの増加という

ホルモンのアンバランスが、

更年期の体の特徴です。

 

女性ホルモン分泌メカニズム

ところで自律神経の司令塔も

視床下部にあります。

 

視床下部は生命維持のために重要な役割をしている場所で、

ホルモンや自律神経、

食欲などをコントロールする

大事な中枢が狭い場所にまとまってあります。

 

そのため、

ホルモン調節のバランスがくずれると

そばにある自律神経の調節機能も

影評を受けて乱れやすくなるのです。

 

自律神経は自分の意息にかかわりなく、

細胞や組織といったミクロの世界から

心臓や肝臓などの臓器まで

全身の機能をコントロールしている神経です。

 

具体的にいうと、

呼吸、脈拍、血圧、発汗、排尿、排便など

すべて自律神経によって調節されています。

 

したがって、

自律神経が不調になると

「自律神経失調症」と呼ばれる症状が

全身に出てきます。

 

先に出ていた症状はその代表的なものです。

原因となる病気がないのに症状が起こり、

毎日、あるいは一日のうちに

いろいろ変わるこのような症状を

不定愁訴といいます。

 

閉経になったからといって

すぐに女性ホルモンの分泌がなくなるわけではありません。

 

副腎からも男性ホルモンと女性ホルモンは分泌され、

しかも男性ホルモンの一部は

皮下脂肪で女性ホルモンに変わって蓄えられ、

徐々に放出されます。

 

成熟期の卵巣から

分泌されていた量に比べるとわずかですが、

急場をしのぐための手助けにはなります。

 

人間の体はうまくできていて

だんだんに女性ホルモンの少ない状態になじんでいき、

不快な症状も自然に解消されていきます。

 

更年期の症状は現れ方も強さも多様です。

 

症状が重くて継続的な治療が必要な人もいれば、

ちょっとホルモンを補っただけで

症状が軽くなる人もいます。

 

急に体がカッと熱くなるようなことはあるけれど苦になるほどではない、

という人もたくさんいます。

 

中には私のように

「そういえばあれが更年期だったのか」と

ずいぶん過ぎてから気づく人もいます。

 

症状が現れる時期も人によってまちまちです。

 

閉経前後一年ほどがつらかったという人がいくらか多いようですが、

閉経の数年前から不調を感じる人もいれば、

閉経後に初めて症状が出る人もいて、

それは個人差が大きいとしかいいようがありません。

 

私は更年期の症状と更年期障害とは分けて考えています。

 

日常生活に支障をきたし、

治療を受けなくてはならないほど

強く出てしまうものを更年期障害としています。

 

更年期障害のために治療が必要な人は

更年期の女性の一割から多くて二割くらいというのが実感です。

 

症状の出方や強さの違いは、

一つは直接の原因である

卵巣の機能の差によります。

 

エストロゲンの減少が

急激な人もいればなだらかな人もいます。

 

ホルモンの変調に対する

適応能力の違いもあります。

 

以前から自律神経が失調気味の人は

影響の強く出る可能性が高いです。

 

かんぺき性格や精神的なことも関わっていて、

生真面目で完璧主義の人は

症状が重くなりやすい傾向が感じられます。

 

きちんとできない自分を責めたり、

くよくよ悩んで症状を悪化させるケースも

少なくありません。

 

閉経や更年期をマイナスイメージでとらえている人は、

ちょっとした症状やまわりからの刺激、

たとえば「白髪が増えたね」のひとことに

過剰に反応して症状を悪くします。

 

その人のおかれている環境、

感じているストレスも

更年期の症状を左右する大きな要因になります。

 

子供の受験や独立、

夫との気持ちのすれ違い、

家族関係の葛藤、職場での軋轢、

老人介護、

これから迎える高年期の不安など……。

 

更年期はストレスの種が尽きない時期で、

そのストレスが体に強く影響します。

 

また、食事や睡眠などの

生活習慣の乱れも関係しています。

 

更年期障害 症状TOPへ