エストロゲンって

聞いたことはあるけど

なに?

 

女性に大切なエストロゲン

更年期にも深く関わっています。

 

更年期に自分の体が

どういう変化を起こしているのか?

<strong>エストロゲン</strong>って何?

きちんと理解しておきましょう。

 

女性ホルモンの分泌

女性ホルモンには、

エストロゲン(卵胞ホルモン)と、

プロゲステロン(黄休ホルモン)の

2種類があって、

どちらも卵巣から分泌されます。

エストロゲン分泌メカニズム

といっても、

卵巣から勝手に分泌されているわけではありません。

 

ホルモン分泌の司令塔となっているのは、

脳の祝床ド部というところです。

 

視床下部は、

血中に流れ込むあらゆるホルモンの量を

つねにチェックして、

 

少しでも分泌量に増減があると、

これを瞬時にとらえて、

ただちに正常な量にするように指令を出します。

 

指令を受けて火際に行動するのは、

視床下部のすぐ下にある

下垂体という器官です。

 

すると下垂体は

性腺刺激ホルモンである

卵胞刺激ホルモン(FSH)と

貨体化ホルモン(LII) を分泌します。

 

卵胞刺激ホルモンは、

卵巣に働きかけて、

卵胞を成熟させて、

エストロゲンの分泌を促します。

 

一方の黄体化ホルモンは、

成熟した卵胞を刺激して

排卵を促します。

 

また、排卵後の卵胞に黄体をつくらせて、

プロゲステロンの分泌を促す働きがあります。

 

このようにホルモン分泌は、

祝床下部→下垂体→卵巣の

連携によって行われていますが、

注目したいのは、

 

この一連の流れの中には、

フィードバック機能があるということです。

 

フィードバック機能とは、

女性ホルモンが一定量分泌されると、

 

脳がその情報を受けとって

「ストップ!」の指令を出し、

 

足らなければ「もっと出して」と

指令を出す機能のこと。

 

まるで精密機械のようです。

子宮からエストロゲン

思春期から性成熟期までのあいだは、

このやりとりが正しく行われて、

正常な月経周期が

保たれることになります。

 

女性ホルモンの主役はエストロゲン

ところで女性ホルモンのうち、

女性のからだにもっとも深くかかわっているのが

エストロゲン

 

女性ホルモンといえば、

エストロゲンをさすこともあります。

 

思春期に、

丸みを帯びたからだをつくり、

乳房や性器の成熟を促すのは

エストロゲンの働きです。

 

また、排卵や月経を起こして

妊娠機能を維持するという

重要な働きもしています。

 

ほかにも、

皮膚にハリを与えて若々しさを保ったり、

 

あるいは骨に作用してカルシウムを

沈看させて骨を強くしたり、

 

また血中の善玉コレステロールを上昇させて

血管をきれいしたり、

女性の健康を守ってくれているのです。

笑顔の中年女性二人

 

エストロゲン不足

更年期は、

エストロゲン不足に

からだがあわてている状態。

 

多くの女性は、

40代に入ると卵巣の働きが衰えて、

エストロゲンの分泌憎が

急激に低下していきます。

エストロゲンのグラフ

 

これにより、

これまで正しく行われていた

視床下部→下垂体→卵巣の連携が

大きく崩れてしまうのです。

 

脳の視床下部は、

血液中に流れ込むホルモン量を

チェックしていますから、

 

エストロゲンが不足すれば、

これに驚いて情報の伝達役の

性腺刺激ホルモンを

懸命に分泌するようになります。

 

つまり性腺刺激ホルモンを

多く分泌することによって、

卵巣に「もっとエストロゲンを出しなさい」と

矢のような催促をするようになるのです。

 

しかしどんなに催促されても、

卵巣はもうその命令に

こたえることができません。

 

エストロゲンの分泌量は

さらに減っていきます。

 

こうした状態が続くと、

視床下部は

「なぜ命令に従わないのか」と

あわてます。

 

そしてその混乱は、

同じところに中枢をもつ

自律神経にも飛び火してしまうのです。

 

自律神経というのは、

体温や発汗、呼吸や消化、

脈拍、血圧などを

自動的にコントロールして

一定に保つ働きをしている神経です。

 

たとえば、

汗をかいて体温を下げたり、

緊張すると動悸が高まるのも

自律神経の働きなのです。

 

その自律神経が乱れるために、

暑くもないのに大汗をかいたり、

じっとしていても動悸が起こるなど、

からだのあちらこちらに

ひずみが出てきます。

 

これが更年期の

比較的初期に起こりやすい不調の正体。

 

ホルモンのバランスが

大きく崩れるこのころは、

おもに血管運動神経系や

精神神経系の症状が現れます。

 

閉経以降の諸症状

更年期の比較的初期の症状のほとんどは、

ホルモンのアンバランスを背景にして起こる

自律神経失調が原因です。

 

からだがエストロゲン不足に慣れれば

自然とおさまっていきます。

 

また、HRT(ホルモン補充療法)によって

症状が軽減されることもわかっています。

 

しかし、閉経後からは

性交痛や腟炎など別の症状が起こってきます。

 

これらは、

エストロゲンの影響を受けていた

皮府や粘膜の老化が原因で起こってくるので、

更年期を過ぎても続きますが、

HRTや漢方療法、

その他の対症療法で症状を緩和することは可能です。

 

エストロゲンの減少は

からだの自然な変化。

 

仲良く付き合っていくことも考えてみましょう。

 

骨粗鬆症

エストロゲン低下は、

骨やコレステロール代謝にも

影響します。

 

エストロゲンは骨量の維持や、

コレステロールの代謝などにも

かかわっていますから、

エストロゲンの減少によって、

骨粗慰症や脳梗塞、

心筋梗塞などにつながる高脂血症、

高血圧などの生活習慣病のリスクが高まります。

 

また子宮がん、

乳がんの発生率も急上昇します。

 

この時期に起こる不調が、

更年期による症状だと思って

がまんをしていたら、

病気によるものだったということがあります。

 

不調を感じたらまず婦人科を受診して、

それが更年期によるものかどうかを

きちんと確認することが大切です。

 

同時に、

骨粗燦症や牛活習憫病の予防にも

注意する必要があります。

 
更年期とは