更年期年齢を幅広くとらえる

更年期は、

何歳ごろからはじまって

何歳ごろまで続くのでしょうか。

更年期を調べる女性

 

日本の女性が閉経を迎える

平均年齢は50歳なので、

一般にはその前後の10年間。

 

つまり45歳から55歳を

「更年期」といっています。

 

ただしこれはおおよその目安です。

 

実際には個人差が非常に大きくて、

日十い人では40代前半で閉経になる人もいます。

 

日本人女性の平均寿命が85歳まで延びて、

閉経後の人生が30年以上もある現在では、

更年期の対象年齢を45歳~65歳くらいまで

広げたほうがいいのではないかという考えがあります。

 

実際、

現在の更年期治療は

65歳くらいまでの人を

視野に入れて行われています。

65歳の女性

 

ですから、

更年期が遅く訪れた人も

「この年で更年期だなんて恥ずかしい」

などと思わないでください。

 

気になる不調を

「もう年だから」ということで片付けないで、

 

ぜひ婦人科を受診してください。

 

生理周期の乱れで、更年期に気づく

多くの人は、

「そろそろ史年間に人りますよ」

というからだからのサインがあります。

 

それが生理の乱れです。

 

卵巣機能が低下すると、

それまで28日周期できちんと生理が必れていた人でも、

2週間もたたないうちに次の生理がきたり、

逆に遅れがちになったりします。

 

生理の間隔がばらばらで、

次の生理の予測が立たず、

不意に訪れた生理にあわてることも

少なくありません。

 

また生理の持続日数にも変化があり、

2、3日で終わるなど日数が短くなったり、

10日あるいは2週間も生理血がだらだらと続いたり。

 

この両方のパターンが、

入れ替わり立ち替わりに

やってくる人もいます。

 

生理血の量も少なくなる人、

増える人がいます。

 

このように生理が乱れて、

しだいに生理の間隔が遠のいていき

閉経を迎えます。

 

生理不順になってから

閉経までの期間も一様ではありません。

 

 

生理不順が2、3年続いて生理を迎える人、

1年くらいの人、

中には、あるとき突然生理がなくなって

閉経を迎える人もいます。

母と娘 中年

 

いずれにしても40代半ばになって、

生理周期が乱れたり、

日数や出血量が以前と違うと感じたら、

そろそろ吏年期に人ったと考えて、

まず間迎いありません。

注意したいのはこの時期、

生理不剛による出血だと思っていたら、

その背後に子宮筋腫、甲状腺などの病気が

隠れていたということがあること。

 

更年期は、

婦人科系など、

さまざまな病気も出てきます。

 

生理が乱れてきたら

病気の有無をチェックするためにも

婦人科を受診しましょう。

 

生理不順が更年期によるものであれば、

閉経までの間は

低用量ピルをじょうずに使うなどして、

更年期特有の症状に

早めに対処することもできます。

仲良し母娘

更年期とは